加齢黄斑変性について

黄斑は、網膜の中心部付近にある直径1.5㎜程度の部位です。非常に小さい部位ですが、物を見るにあたって非常に重要な役割を果たしています。黄斑には視細胞のうち“色”を判別する錐体細胞が集積しています。加齢により網膜の外側に位置する脈絡膜に新生血管が生じる方がいらっしゃいます。この新生血管が破綻を起こすことにより、黄斑に“むくみ”や“出血”が生じ、視野の中心が見えづらくなり、物が歪んで見えるようになります。

加齢黄斑変性の症状

  • 物が歪んで見える
  • 視野の中心部分が暗く見える
  • 視力が低下する
  • 見たいところが良く見えない

など

※日常生活では両目で物を見ているため、片方の目に上記のような症状が起きていても気付きにくいことがあります。上記の症状を確認する際には、片方の目を隠して行うことが大切です。

加齢黄斑変性の種類

加齢黄斑変性には、「滲出型」と「委縮型」の2種類があります。

滲出型は、脈絡膜から網膜に向かって伸びた新生血管が破綻することによって起こります。新生血管の血管壁は非常に脆く、容易に破綻し出血やむくみを起こします。

萎縮型は、網膜の細胞が死滅し、委縮しているタイプです。

加齢黄斑変性(滲出型)の治療法

  • 抗VEGF注射
  • 光線力学療法

抗VEGF注射

現在、加齢黄斑変性に対し、最も多く行われている治療法です。脈絡膜の新生血管を引き起こす原因となるVEGF(血管内皮増殖因子)を抑えることにより、新生血管の消退を図る治療法です。
詳しくはこちらをご覧ください

光線力学的療法

点滴にて新生血管にのみ選択的に取り込まれる光感受性物質を注入し、この物質が取り込まれた血管に特殊なレーザー光線を当てることにより、新生血管を破壊します。抗VEGF薬が出現するまでは行われておりましたが、抗VEGF薬の出現により行われる頻度は減少してきております。