白内障について

図版_白内障とは 図版_白内障とは

私たちの目の前方部分には、カメラのレンズと同じような役割を担っている“水晶体”があります。この組織は本来透明に近いため、光がすんなりと透過し、様々な景色を正確に見ることが出来ます。しかし、加齢に伴って水晶体が徐々に濁ってくることがあります。このような病気が白内障です。

白内障になると、テレビやスマートフォンの画面が見にくくなったり、周囲の景色が霞んできたりします。年をとるにつれて発症率が高くなり、50歳代では約半数、60歳代では6割、70歳代は8割、そして80歳を過ぎる頃には殆どの方に白内障の症状が認められるようになると言われています。

白内障の症状

  • 人の顔がぼんやりとかすんで見える
  • 明るい日に外出すると、目がまぶしく感じる
  • 暗いところで物が見えにくくなった
  • 物が二重三重に見える
  • 運転中のライトの光が以前よりも眩しくなった

白内障の治療方法

  • 経過観察(薬物療法)
  • 手術

経過観察(薬物療法)

水晶体などの状態を検査した結果、白内障と診断されたとしても、すぐに手術が必要になるとは限りません。①水晶体がどのくらい濁っているか ②視力がどのくらい低下しているか ③生活にどのくらい支障が出ているか などを総合的に判断します。その結果、手術が必要ない場合は点眼薬などで定期的に経過観察致します。点眼薬は白内障の進行を遅らせることができることもありますが、水晶体の濁りを取ることはできません。

手術

白内障の進行により、更なる視力低下を来たしたり、日常生活に不便さを感じるようになった際は、白く濁った水晶体を取り除き、人工のレンズを入れる手術を行います。一般的には、日常生活に支障を来たすほど水晶体が白濁した場合に手術を検討しますが、白内障の進行により水晶体が膨らみ、眼圧上昇のリスクが高まっているときは早めに手術を行うこともあります。

当院では日帰り手術に対応しております

当院では白内障手術を日帰りで行なっております。日帰りでの白内障手術をご希望の方はお気軽にご連絡ください。
詳しくはこちらをご覧ください