糖尿病網膜症について

私たちの目の奥には「網膜」と呼ばれる神経の薄い膜があります。糖尿病になると、血糖値の高い状態が続くことにより、網膜に張り巡らされた毛細血管が閉塞していきます。その結果、血管壁が脆い“新生血管”を生じ、この“新生血管”が破れることにより、網膜に出血や白斑を生じる疾患が糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症が進行し、物を見る中心の黄斑に“むくみ”が生じると視力低下を引き起こすようになります。さらに悪化すると、増殖膜を伴うようになり、牽引性網膜剥離を認めるようになります。かなり進行するまで自覚症状が認められないことも多いため、糖尿病(予備群を含む)の方は、決して自己判断せず、眼科での定期的な眼底検査をお勧め致します。

糖尿病網膜症の検査

視力検査

眼底検査

網膜出血、硬性白斑、軟性白斑、硝子体出血、増殖膜、網膜剥離の有無をチェックします。

蛍光眼底造影検査

蛍光色素の入った造影剤を点滴で流し、眼底カメラで毛細血管が閉塞している範囲や新生血管を観察します。

光干渉断層計(OCT)検査

眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析します。これにより、黄斑部の“むくみ”を把握することができます。また、毛細血管が閉塞している範囲や新生血管を見ることもできます。

糖尿病網膜症の分類

  • 単純型
  • 前増殖型
  • 増殖型

単純型網膜症

糖尿病によって高血糖になると、網膜の毛細血管の壁が弱くなり、点状出血や斑状出血、線状出血が見られるようになります。これに伴って血球成分の一部が網膜に染み出すようになり、“むくみ”が生じることもあります。

しかし、黄斑に“むくみ”が生じなければ、見え方に異常は認められません。そのため、定期的に眼底検査を受けて頂き、早期発見・早期治療につなげることが大切となります。

前増殖型網膜症

単純網膜症から少し進行した状態です。毛細血管の一部が閉塞し、血液の流れが滞るようになります。血液は網膜内の細胞に酸素や栄養素を送り届ける役目があるのですが、前増殖型網膜症になると、網膜の中に酸素不足の部位が生じ、シミのような軟性白斑が見られるようになるのです。

この段階になっても見え方に異常を認めないことが多いのですが、黄斑に“むくみ”を認めた場合、視野の中心が見えづらくなったり、物が歪んで見えたりするようになります。

増殖型網膜症

糖尿病網膜症がさらに進行すると、網膜に新生血管を生じるようになります。新生血管の血管壁は非常に脆いため、すぐに出血してしまい、網膜のいたるところで“むくみ”を生じるようになります。新生血管の破綻による出血が硝子体(目の中)に及ぶと、硝子体出血になり、急激に見えなくなります。また、さらに進行すると、増殖膜を生じるようになり、増殖膜により網膜の牽引を起こし、牽引性網膜剥離を引き起こすようになります。ここまで進行してしまうと、なかなか元の視力まで回復させることは難しくなります。