眼瞼下垂とは

眼瞼下垂は、上まぶたが垂れ下がっている状態です。上まぶたを引き上げる筋肉(動眼神経支配の上眼瞼挙筋と交感神経支配のミューラー筋)や神経に障害が起こることにより、まぶたが上がりにくくなります。片目のみで起こることもあれば、両目で起こることもあります。

眼瞼下垂の状態を放置していると、「目つきが悪くなる」、「目が小さく見える」といった見た目の問題にとどまらず、見え方の問題も生じます。視野が狭くなるため、無意識のうちに眉に過度の力を入れるようになり、眼精疲労や頭痛、眼痛、肩こりなどを引き起こしてしまうのです。

眼瞼下垂の症状

  • 視界が狭くなった
  • 目つきが悪くなったと言われる
  • まぶたが開きにくくなった
  • 頭痛や目の痛み、肩こりがひどくなった
  • 疲れやすくなった

など

眼瞼下垂の原因について

眼瞼下垂は、ほとんどの方が加齢によりまぶたを上げる筋肉が弱ってきて起こりますが、まれに先天的にまぶたを上げる筋肉が障害を受けている場合もあります。また、ハードコンタクトの長期間装用により、まぶたが下がってくることもあります。

眼瞼下垂の治療

加齢による眼瞼下垂は手術によって治療します。局所麻酔下にまぶたを上げる筋肉を縫い縮め、まぶたを引き上げます。ハードコンタクトの長期間装用による場合は、コンタクト装用を中止することにより改善する場合もあります。当院では眼瞼下垂の日帰り手術を行なっております。
詳しくはこちらをご覧ください