ドライアイとは

ドライアイは、涙の分泌量が減ったり、涙が蒸発しやすくなることにより、目の表面が乾燥し、黒目や白目に潤いがなくなってしまう疾患です。

どちらも頻繁に見かけますが、最近は特に後者のタイプが増加しています。パソコン作業やスマートフォンの長時間にわたる使用はまばたきの回数を減らします。エアコンなどによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間使用もドライアイを悪化させます。

ドライアイの主な症状

  • 目に乾燥感がある
  • 目に異物感がある
  • 白目に充血がある
  • 目が痛い
  • 目を開けていられない

など

ドライアイの治療

ドライアイ治療の基本となるのは、点眼薬などを用いて目の乾燥を防ぐことです。涙液を補う人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬などが用いられます。

目薬によって症状が改善しないときは、涙の出口に小さな栓のような器具(涙点プラグ)を挿入することにより涙の出口を塞ぎ、目の表面に涙が溜まるような治療を選択することもあります。