飛蚊症とは

飛蚊症は、視界に小さな“ゴミ”が見えてしまう状態です。目を動かすと、“ゴミ”が蚊のようにチラつくことから命名されたと言われています。硝子体に濁りが生じると、その影が網膜に投影されますので、黒い“ゴミ”が認識されるようになります。

飛蚊症の主な原因

  • 加齢に伴う後部硝子体剥離
  • 網膜裂孔
  • 網膜剥離
  • 硝子体出血(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、抗凝固薬、外傷など)
  • 硝子体混濁(ぶどう膜炎など)

など