眼鏡を作るときはまず眼科を受診

視力が落ちたときに、直接眼鏡店に行かれる方も多くいらっしゃると思いますが、まず眼科を受診して頂き、適切な検査を受けた上で眼鏡を作成することが大切になります。視力の低下は、眼鏡度数が合ってないことによる見えづらさの可能性も十分ありますが、それ以外に白内障や緑内障、加齢黄斑変性などの“目の病気”が原因となって見えづらい場合も少なくありません。眼鏡を作成する際は、まず眼科を受診して頂き、“目の病気”がないかを確かめてから作成するようにしましょう。

眼鏡処方について

眼鏡を作成する際は、現在の視力の状態を確認するだけでなく、生活環境や年齢などにも配慮致します。そのため、眼鏡の装用テストには多少の時間を要しますので、時間に余裕をもってご来院ください。また、現在ご使用中の眼鏡がございましたら、必ずお持ちになってください。複数の眼鏡をお持ちの場合は、可能であればすべての眼鏡をお持ち下さい。

コンタクトレンズ処方について

コンタクトレンズは、黒目に直接接触するものですから、不適切な装用をすると、黒目に傷がついたり、感染症を引き起こすことがあります。このため、必ず度数の合った眼鏡を所持するようにしましょう。

当院でのコンタクトレンズ処方の流れ

問診

最適なコンタクトレンズを選択するため、日常の生活環境についてお聞き致します。


視力検査

完全矯正による視力を測定致します。


コンタクトレンズの選択

目や日常生活の状況から患者様とご相談の上、最適と思われるコンタクトレンズの種類を決めさせて頂きます。
当院ではJohnson & Johnson、シードの取り扱いがございます。


コンタクトレンズ試し装用

視力検査で測定した度数と実際に目に装用するコンタクトレンズの度数は異なる場合がございます。
また、コンタクトレンズカーブが目に合っているか確認が必要になります。


コンタクトレンズの装用練習・定期検査

実際に装用しながら、処方コンタクトレンズの特徴や装用の際の注意事項などをご説明致します。さらに、定期的に目の検査を行い、目の障害が起きていないか確認致します。