緑内障について

緑内障は、房水によって保たれている眼圧が正常範囲を超えて上昇したり、視神経の脆弱性などが原因となり、視野の障害を引き起こす病気です。眼圧が高くなるタイプもありますが、なかには眼圧が正常範囲であっても緑内障になってしまうケースもあるため、眼科を受診し、視神経の状態をきちんと検査しておくことが重要となります。

緑内障になると、次第に視野が欠けていきます。一度障害を受けた視神経は元に戻らないため、適切な治療を受けないと、視野障害が徐々に進行してしまいます。

40歳になったら緑内障検査を

緑内障は、成人期以降に発生する日本人の失明原因の第1位となっています。失明のリスクを軽減させるためには、早期の段階で緑内障を診断し、治療を開始することが大事になってきます。緑内障を早期に診断するためには、緑内障の発症リスクが高まる40歳以降に定期検査を受けることが大切です。

緑内障の検査

視力検査

緑内障による視野障害が進行すると視力が低下します。

眼圧検査

“目の固さ”を測定します。

眼底検査

目の奥にある網膜や血管、視神経がどれくらいダメージを受けているのか調べます。

視野検査

見える範囲がどのくらいなのか、弱い光がきちんと見えているのか、を測定します。

光干渉断層計(OCT)検査

目に光を照射し、網膜の断面を見て視神経線維の欠損の程度を調べます。

隅角検査

“黒目”と“茶目”の間にある、目の中の水の出口の状態を調べます。

緑内障の種類

緑内障は、大きく分けて原発緑内障、正常眼圧緑内障、続発緑内障、先天緑内障の各タイプがあります。このうち正常眼圧緑内障は、眼圧が常に正常範囲内にあるタイプです。続発性緑内障は、何らかの病気(ぶどう膜炎、糖尿病網膜症など)や外傷などが原因で緑内障を併発するタイプです。先天性緑内障は、生まれつき眼圧が高いタイプです。

最も多いのは、原発緑内障です。このタイプは、さらに「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」に分類されます。前者は、房水を排出する線維柱帯が少しずつ目詰まりを起こし、房水が排出されにくくなることで起こります。後者は、線維柱帯が塞がって房水が流れなくなることが原因です。閉塞隅角緑内障の場合、著しい眼圧上昇を起こして激しい眼痛や頭痛を発症し、視力が急激に低下することがあるので、特に注意が必要です。

緑内障の治療について

緑内障の治療にあたっては、点眼薬を使用し、眼圧を下げるようにします。薬物療法で目立った効果を上げられないときは、レーザー治療や手術を行ないます。手術は人工的に新たな房水の出口を白目に作成し、眼圧を下げるようにします。