花粉症について

花粉症は、植物の花粉が鼻や口から体内に入り込み、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす疾患です。目の粘膜を刺激することにより、結膜炎を引き起こします。

原因となる花粉は、スギやヒノキ、ヨモギ、ブタクサなど約50種類あります。特に、スギ花粉は毎年2~4月に多く飛散されます。春は、この他にもヒノキ花粉の飛散も認められます。

花粉症の予防方法

外出時に心がけること

  • 花粉症予防効果の高いマスクや眼鏡などを着用する
  • 晴れた日や風の強い日は花粉が飛散しやすいので、特に念入りに防護する

帰宅した際に行うこと

  • 玄関に入る前に、衣類に付着した花粉を払い落とす
  • すぐにシャワーや入浴をし、洗顔・洗髪を行なう
  • 手洗いや洗顔を行い、花粉を洗い流す

室内の環境

  • 花粉飛散量の多い日は、出来るだけ窓やドアを閉め、花粉が侵入しないようにする
  • 布団や洗濯物は出来るだけ室内に干す
  • 外に干した洗濯物は、花粉を払い落としてから室内に取り込む

日常生活の留意点

  • 十分な睡眠をとって体調を整える
  • ストレスをため込まないようにする

花粉症の治療について

アレルギー反応を抑える目薬や症状が強い時はステロイドの目薬を使用致します。コンタクトを装用している方で症状が続く方は控えて頂いた方がいい場合もございます。