当院で行える日帰り手術

  • 白内障手術
  • 眼瞼下垂手術
  • さかさまつげ手術
  • 硝子体内注射

など

白内障手術

白内障の日帰り手術

白内障手術は、現在局所麻酔下に短時間での手術が可能になっております。白内障以外に重篤な全身疾患がない方は日帰りでの手術が可能です。入院することによって認知症が進んだり、入院先の慣れない環境下で体調を崩す懸念のある方は日帰り手術をお勧め致します。

基本的には、下記の要件を満たす方が白内障の日帰り手術の適応となります。

  • 全身的に重篤な疾患が見られず、手術を受けても体に影響のない方
  • 通院が可能な方(術後の経過を観察するため、定期的に通院して頂きます)
  • 術中・術後の諸注意をきちんと守れる方

当院の白内障手術について

白内障とは水晶体の濁りになります。当院の白内障手術は、日帰りで行なっております。点眼による麻酔の後、水晶体の袋を残して濁り(白内障)を超音波で乳化して砕き、吸引します。濁りを取り除いただけでは、ピントが合いませんので、水晶体の袋の中にレンズ(眼内レンズ)を入れます。

手術に用いる医療機器の進歩などにより、現在は3mmに満たない傷口より白内障の乳化吸引と眼内レンズの挿入を行なうことが可能になっております。

入院の必要がございませんので、ご自分の生活のリズムを崩すことなく、手術を受けることが可能になっております。

超音波白内障手術

眼内レンズ

眼内レンズ

眼内レンズのタイプ

単焦点眼内レンズ(保険適用)

  • ピントが1点に合うレンズです
  • どれくらいの距離にピントを合わせるかを術前に決めさせて頂きます
  • 合わせたピントの距離以外を見る際は、メガネなどで矯正致します

多焦点眼内レンズ(自由診療)

  • ピントが合う距離が通常よりも広いレンズです
  • 眼鏡の使用頻度を減らすことが出来ます
  • 焦点を合わせるのに慣れが必要です
  • 薄暗い場所や夜間にライトなどをみると、光の周辺に輪がかかって見えたり、眩しさを感じることがあります

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂の手術には、主に2つの方法があります。

①まぶたを上に引き上げる筋肉の付着部分を修復し、強化する手術です。この部分の筋力が弱っているときに行ないます。

②たるんでいる皮膚を切除する手術です。ご年齢により皮膚がたるんでいるときに行ないます。

さかさまつげ手術

さかさまつげの手術には、主に3つの方法があります。

①加齢により下まぶたを引っ張る筋肉の腱が伸びてしまうことによりまぶたが内側を向き、さかさまつげが生じている場合、下まぶたを引っ張る筋肉を縫い縮めることにより、さかさまつげを治します。

②まぶたの皮膚と筋肉の一部を切開し、まつげが外に向かうように調節して縫合することにより、さかさまつげを治します。

③まぶたの皮膚を糸で縫い縮めることにより、さかさまつげを治します。

硝子体内注射

抗VEGF薬の硝子体内注射は、加齢黄斑変性などの原因となる新生血管の増殖因子の働きを抑える目的で行われます。これにより、新生血管を減らす効果が期待できます。加齢黄斑変性のみならず、糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、病的近視における脈絡膜新生血管の治療にも抗VEGF薬の硝子体内注射は有効です。

治療にあたっては、まず眼表面の消毒と麻酔を十分に行った上で、抗VEGF薬を少量(0.05ml) 細い針で直接目の中に注射します。加齢黄斑変性の場合、初期治療として月に1回の注射を続けて3回行います。その後は、目の状態を見ながら、必要に応じて適宜注射を行います。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、病的近視による脈絡膜新生血管の場合、1回注射を行い、注射後の目の状態を見ながら、必要に応じて適宜注射を追加致します。