甲状腺眼症とは

甲状腺眼症は、眼球の周囲にある筋肉や脂肪組織に甲状腺関連の抗体が付着することにより、目の奥の方で炎症が起こる状態です。なぜこのような症状が起こるのかについて、未だに不透明な要素もあるのですが、一般的には自己免疫的機序によって筋肉の肥大や脂肪組織の増大が生じ、眼球が突出したり、目を動かした時の痛みが生じるものだと考えられています。

「甲状腺眼症」という名称が付けられているため、甲状腺関連のホルモンが関与していると思われがちですが、実際には甲状腺の自己抗体による筋肉や脂肪の炎症反応が原因になりますので、甲状腺ホルモンの値が正常であっても、「甲状腺眼症」を発症することがあります。頻度としてはバセドウ病などの甲状腺機能異常に伴って生じるケースが多いですが、甲状腺機能が正常な甲状腺眼症の方もいらっしゃいます。

甲状腺眼症の症状

  • 眼球が突出している
  • 上まぶたが奥に後退している
  • 顔貌が変わってきた気がする
  • まぶたが腫れぼったい感じがする
  • 物を見ようとした時、物が二重にダブって見える
  • 目を上下左右に動かそうとした際、目が思うように動かない。また目を動かした際に痛みが生じる。
  • 目の位置が上下左右にずれている
  • 目が痛い

など

甲状腺眼症の原因

甲状腺眼症がなぜ起こるのかについて、詳しい機序は明らかになっていませんが、いくつかの要因が指摘されています。喫煙やストレスが危険因子に挙げられていますので、ストレスを溜めない生活や禁煙を心掛けることが治療上大切になります。

甲状腺眼症の治療

甲状腺眼症の原因は甲状腺の自己抗体による筋肉や脂肪の炎症反応になりますので、内分泌や自己免疫に精通した内科医と眼科医が連携して治療を進めることが大切です。

その上で、ステロイドを用いた薬物療法を行います。これにより、まぶたの腫れや後退、目の動きや位置が改善する可能性があります。

ステロイドによる薬物療法で治療効果が認められない際は、症例に応じてボトックス注射、斜視手術、放射線治療、眼窩減圧術などを検討します。