さかさまつげとは

まつげは、もともとまぶたの外側に向かって生えております。ところが、何らかの要因によりまつげの向きが内側(眼球側)に向いてしまうことがあります。このことによりまつげが眼球の表面に触れてしまう病気を「さかさまつげ」と呼んでいます。主に下側のまぶたに生じることが多いですが、なかには上側のまぶたに起きることもあります。

さかさまつげが発生すると、黒目にキズがつき、ごろごろしたり、まぶしさを感じるようになります。放置していると、黒目のキズがひどくなり、視力低下を引き起こすこともあります。

ご自身でまつげを抜くのは危険です

さかさまつげが出てきた時に、自分自身でまつげを引き抜いたり、切ったりする方もいらっしゃいますが、ご自身で行うと黒目を傷つけてしまうこともあります。さかさまつげが気になるときは、必ず眼科を受診するようにして下さい。

さかさまつげの種類

  • 眼瞼内反
  • 睫毛内反
  • 睫毛乱生

眼瞼内反とは

まぶた全体が眼球に向かって弯曲することにより、まつげが黒目に触れるタイプのさかさまつげです。加齢に伴ってまぶたの筋肉が弱くなることで起こることが多いです。

睫毛内反とは

まぶたの向きは正常なのですが、まぶたの皮膚が過剰になっているため、まつげが眼球に押し付けられてしまうタイプです。小児期に起こる先天性のものが多いです。成長に伴い解消されることも多いので、経過観察することが多いです。しばらく経過観察しても改善されない時は、手術を検討します。

睫毛乱生とは

瞼の向きは正常であり、まつげの多くも外側に向かって生えているのですが、一部のまつげが内向きに生えているため、目に違和感や痛みを覚えるタイプのさかさまつげです。治療は生えの悪いまつげを抜去します。

このような症状のときは眼科医を受診して下さい

  • 目がゴロゴロする
  • 瞬きをすると痛みがある
  • 白目が充血している
  • 光がまぶしく感じられる
  • 涙が止まらないときがある
  • メヤニが溜まりやすい
  • 視力が落ちてきた気がする

など

当院では日帰り手術に対応

当院では、さかさまつげの日帰り手術を行なっています。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
詳しくはこちらをご覧ください